製品詳細PRODUCT DETAILS

JMP S シリーズ

製品特徴

ケーキ掻取方式により、多品種の処理が可能です。
全自動で給液、ろ過、排出、機械内部の洗浄を行うことができるため、省人化や24時間運転でのランニングコスト削減が可能です。密閉された機械内部で全自動で工程を行うため異物混入防止、またオペレーターが製品に触れることがないのでオペレーターの健康や安全を守ることが可能です。

オプション一覧

残結晶掻取装置「スクリュー」

従来品では落としきれなかったバスケット内の残結晶の回収、さらに、今までは手作業で行っていた濾布に付着した残結晶の回収も自動で行うことができます。

製品に関連する動画

外形図

外形寸法 JMP-800シリーズ
jmp_s

仕様

型式 バスケット 容量(l)
最大処理量(kg)
電動機
(kw)
毎分回転数
(r.p.m)
遠心効果
(G)
分離機重量
(kg)
寸法(mm)
内径(mm) 深さ(mm) A B C D E
JMP-630S 630 315 43 22 2060 1500 3600 1220 1355 1200 1250 2450
JMP-800S 800 400 87 30 1670 1250 5400 1420 1540 1200 1250 2450
JMP-1000S 1000 500 168 45 1340 1000 7650 1800 1850 1300 1350 2650
JMP-1300S 1300 650 310 55 1120 900 9000 2300 2400 1700 1750 3450

仕様詳細

・横型の遠心分離機は目の前にバスケットなどの接液部がオープンになるため、洗浄及び洗浄確認を容易に確実に行うことができ、製品切替のリードタイムを大幅に短縮できます。

・異物混入を防止。横型遠心分離機ではクリーンルームの壁で「製品製造のプロセス部」と「モーターなどの駆動部」を分けることができ、またオペレーターの目の前にバスケットがくるため、内面やバスケットの裏なども死角なく洗浄、洗浄確認ができます。また、全てのプロセスエリアにデッドスペースがないため液溜りのない構造により内部点検がしやすくなっています。

・作業環境が常にクリーン。全ての運転が密閉中で行われるため、溶媒やガスにオペレーターが接触しないので作業環境をクリーンに保つことができます。 また、駆動部とプロセス部が壁で隔つことで駆動部をクリーンルーム外に置くことができる為、クリーンルーム内で異物が発生しません。

・ろ過材の取替作業が容易で作業効率を上げることが可能です。横型遠心分離機はろ過材などの交換作業も縦型と比較して簡単に行うことができ、作業時間の短縮、作業の効率を上げることが可能です。

・全自動運転でオペレーターが製品に触れることがないのでオペレーターの健康や安全を守ることが可能です。

・クリーンルーム内の設置面積を小さくすることができます。駆動部分と製造部分を壁で隔てられるため、プロセスエリアのみをクリーンルーム内に設置し、駆動部分をクリーンルーム外に出すことでクリーンルーム内の設置面積が小さくできます。

・異物混入を防止。密閉された機械内部で全行程を自動で行うことが可能です。

・省人化や24時間運転などでランニングコストの削減が可能です。

・国内設計により、ニーズに合わせた設計が行うことが可能です。

・ドラム上部よりケーキを掻き落とす広口掻き取り刃を搭載。結晶をスムーズに掻き落とします。

・掻き取り刃が回転するケーキに対し、スムーズに刃先が入っていく逆刃先になっているので安全です。

・掻取刃に特殊な残結晶剥離装置SCREWを装着することができ、結晶をできるだけ多く、より効率的に回収することが可能です。

・コストを抑えつつ、自動で確実な洗浄が可能です。バスケットを洗浄液で漬け洗いする、浸漬洗浄を行うことができます。縦型遠心分離機と比較して洗浄液の量を少なくすることでコストを抑えることが可能です。

・ケーキ掻き取り方式により、多品目遠心分離への対応性が向上。様々な製品を扱うことが可能で、製造バリエーションが拡大します。

・ユーザーのお困りごとに合わせて様々なオプションのご提案、新規設計も可能です。お気軽にご相談ください。