カスタマイズについてCUSTOMIZATION

お客様のニーズにお応えします

遠心分離機のパイオニアとして長年蓄積した技術・経験・ノウハウで、お客様の工場レイアウト・使用方法・ろ過分離したい製品についてお伺いし、最適な遠心分離機をご提案、カスタマイズいたします。
機器をさらに快適に、効率よくお使いいただくため、現在お使いいただいている機械の改良やオプション追加についても承っております。お問合せフォーム、もしくはお電話からお気軽にご相談ください。

製品の製造切り替え時間の短縮が可能です。
バスケットが上昇することによってバスケットとケーシングの間に手を入れて洗浄し、問題なく洗浄が完了したかの目視確認ができます。洗浄と洗浄確認時間が早くなることにより、製品の製造切り替え時間の短縮が可能です。
工場内の自由な機器レイアウトが可能です。
機器に台車をつけて移動することができます。ユーザー様ご自身で製造したい製品によって工場内の機器のレイアウトを都度自由に変更することができます。

製品の回収率を上げることが可能です。
遠心分離機内でろ過分離した結晶をろ布のぎりぎりまで掻き落とせるため、製品の回収率を上げることが可能です。


1台の装置で様々な液体のろ過テストが可能です。
ろ過リングを変更することによって1台の装置で様々な大きさの粒子のろ過テストが可能です。


建物の負荷や騒音を軽減します。
液体の流量・粘度・結晶の状態など様々な条件に合わせて給液パイプの形状を変更することにより、機器の振動や騒音を減少させ、建物の負荷や騒音問題を減少させることが可能です。

製品の生産リードタイムが短縮可能です。
結晶の洗浄パイプのノズルを変更することにより、洗浄液が結晶上に広範囲に散布できるようになります。
結晶の洗浄時間が短くなることによって製品の生産リードタイムが短縮可能です。
機器内の自動洗浄が可能です。
CIP洗浄システムにより、装置を分解せずに装置内部を洗浄剤などで自動的に洗浄を行うことが可能です。
機器の形状、ユーザー様の製品特性に合わせたノズルを設置することで優れた洗浄性を確保し、機器洗浄の作業負荷を大幅に軽減します。
1台の装置で様々な量の試料のろ過テストが可能です。
400ml用のバスケットと2000mlのバスケットの取り換えができるようにすることで1台の装置で様々な量の試料のろ過テストが可能です。
※通常モデルではLAC400、LAC2000のバスケット交換機構は対応しておりません。
結晶破砕作業を軽減します。
結晶掻き砕き装置をつけることにより、ろ過分離後の固い結晶を自動で掻き砕くことができます。
手作業で結晶を砕いて製品回収をしていたオペレーターの作業負荷を軽減します。

異物混入を防止します。
機器の外装をステンレス製にすることにより、経年劣化により塗装が剥がれて異物として製品に混入するリスクを0にします。



洗浄時間の短縮が可能です。
装置の角を丸くする鏡板加工を行うことにより、角に溜まりやすい結晶が洗浄液で洗い流しやすくなり、洗浄時間の短縮が可能です。また、ユーザー様の製品の製造切り替え時の異物混入リスクを軽減します。

洗浄時間の短縮が可能です。
バスケット底がフラットになることによってバスケットとケーシングの間に手を入れて洗浄し、問題なく洗浄が完了したかの確認ができます。洗浄と洗浄確認時間が早くなることにより、製品の製造切り替え時間の短縮が可能です。

2タッチで簡単・短時間に確実な洗浄ができます。
ろ液飛散防止板をパタンと外側へ倒すだけで2タッチでバスケット底裏面の洗浄、洗浄確認を確実にかつ簡単に行えます。
ロット管理が必要な医薬品、クロスコンタミを嫌う多品種生産品に最適です。

異物混入防止を防止します。
ベルトカバーをつけることにより、ベルトから出る摩耗紛が製品に混入することを防止します。



製品の回収率を上げることが可能です。
遠心分離機内でろ過分離した結晶に空気を勢いよく吹き付けることにより、ろ布についた残結晶を落とせるため、製品の回収率を上げることが可能です。

ランニングコストの削減が可能です。
電子ビームスクリーンという金属ろ材を使用することで、ろ布の取り換えが不要になり、ランニングコストが削減できます。
また、ろ布の張替えの手間がなくなり、オペレーターの作業負担が軽減されます。

クリーンな環境で作業ができます。
機器の開閉装置を電動にすることで油圧の油漏れがなくなり、クリーンな環境で作業ができます。



製品の温度管理が可能です。
保温・保冷ジャケットにより、製品を温かいまま、冷たいまま保ちながらろ過分離することが可能です。