Continuous Manufacturing

Continuous Manufacturingとは

スラリーなどの濾過物を連続的に遠心分離機に投入し、生産物を継続的に取り出す処理方法。
遠心分離機における連続式のメリットは機械を連続的に稼働させることで小規模の設備で大量の処理が可能となる点。
また機械の起動から排出まで継続して行われるため人の介在機会がバッチ式と比較して少なく、よってヒューマンエラーの機会も少なくなる。
デメリットは連続して処理するため1ロットの区切りが判断しづらく、製品に不具合があった際にどのロットで不具合が起きたのかの特定が難しい点である。

同義語:連続生産方式

対義語:バッチ式バッチ

 

遠心分離機ゼミ > 用語集