ケーキにクラックができて洗浄がうまくできない場合

【遠心分離後のケーキ(結晶)にクラック(ひび)が入ってしまい、ケーキ洗浄がうまくできない場合】

1:遠心分離機で分離、脱水の際に遠心力をかけて振り切ってしまう前に洗浄液を投入。

2:洗浄終了後に遠心力をかけて完全に液を振り切る。

このような運転を行うことで、ケーキにクラックが入ってしまう前に完全に洗浄を行うことができます。

14469587_596776433838355_3258733416285557933_n

遠心分離機でこのようにクラックが入って洗浄ができない場合は一度お試しくださいませ。