【スナックのオイルを飛ばしたい】DMNβ

スナック菓子のオイルを飛ばしたい

製菓メーカーのK社様の「スナック菓子のオイルを飛ばしたい」とのお話から「特殊バスケット、「スナック落下防止陣傘搭載の遠心分離機でのご提案、納入させていただきました。

お客様のお話によると、新製品を開発中で最終段階に漕ぎ着けているが、開発部から「もう少し油分を押えたい」という要望があり、さまざまな手段を試したがうまくいかず、暗礁に乗り上げているとのことでした。

この新製品には開発に6年を費やしており、スナック菓子を極限まで薄くし、新たな食感を楽しんでもらうというものでした。また、ターゲットは女性としており、油分をコントロールして従来の製品よりもあっさりとした仕上がりにすることが必須でした。

最初お話を頂いた時「正直難しいだろうな」という感想でした。

遠心分離機は通常の何百倍もの重力を掛けて液体と固形物を分離させる装置ですから、スナック菓子が粉々になってしまいます。かといって割れない程度にゆっくり回転させると落下してしまいます(全自動式の遠心分離機は底部排出型なので100G程度の遠心効果が働かないと分離前に落下する)。

そこで回転中はバスケットの底に蓋をして、固形物の落下を防ぎ、油分が飛べば蓋を上げて落下させる遠心分離機を開発いたしました。

スナック菓子が落下しやすいようにバスケットには傾斜を付け、バスケット底の蓋も陣笠のような形状にしました。これにより、低速回転で回転していてもスナック菓子が落下することもなく、処理が終われば陣笠が上昇して、底部からスナック菓子を回収する、という脱油工程が全自動で実現可能となりました。

DMN OPEN 小サイズ

 

【POINT】

スナック落下防止陣傘

スナックが粉々にならないよう、低速でバスケットを回転させられるようにバスケット底に陣傘を設置しました。

バスケット特殊加工

脱油処置の終わったスナックがスムーズに次工程へ移るように傾斜をつけた特殊なバスケットを設計いたしました。

ケーシング開閉機構

ケーシングを開閉式にすることによりバスケットがオープンになり、遠心分離機のケーシング内及びバスケット全体、付属機器等を細部にわたり洗浄することができます。そのため、充分にクリーンな脱油処理が可能です。

K_open

 

 納入企業様

製菓メーカー K社様

 

納入遠心分離機