【スラリーの分離状態を目視確認可能!ラボ用遠心分離機】 LAC

スラリーの分離状態を目視確認したい

医薬品原薬受託メーカーC社様があるターゲットでラボ用のプロセスを検討されており、濾過工程の装置検討をされていました。

当初、反転式の自動遠心分離機を検討されており工場視察へご来場された時にLACをご覧いただき濾過工程の可視化などを評価いただき即ご購入となりました。

また、ラボスケールとの事で濾液タンクや移動式架台、スラリーを受けるバッファタンク
をユニット化したものを弊社でアレンジしてお納めいたしました。

納入したLAC

【POINT】

給液、脱液工程時の可視化

ケーシング上部に2か所サイトグラスを標準装備。

遠心機内の分離工程を目視にて確認が可能。

濾過状況が目視で確認できる透明バスケットですので、遠心分離途中のデータログも可能です。

63RU4

装置本体の小型化

卓上遠心機となり、機械の小型化を実現(高さ、横幅共に約450㎜前後)。

設置場所を選ばずに稼働することが可能です。

洗浄性に配慮した構造

ケーシングを手動で開閉でき、バスケットカバーがガラスの為、容易に全体の目視確認が可能。各パーツも簡単に脱着可能の為、オペレーターの作業時間及び負担を大幅に軽減。

設置場所を選ばず使用が可能。

100V電源にて駆動。

通常の家庭用コンセントにて稼働可能。設置場所を選びません。

濾過テストの様子はこちらからご覧ください。(動画は旧タイプでの濾過実験映像です)

納入企業様

医薬品原薬受託メーカーC社様

医薬品 薬

納入機器